自動車のカタログなどに載っている燃費は条件を一定にしたときのものであり、実際に街を走ったり郊外を走ったりしたものとは数値が違います。
そのため自動車を購入しようと考えているのであれば、カタログ燃費ではなく実燃費を把握しておくことが買った後に後悔しないコツです。
その際にスバルのXVを検討する場合、実燃費がどのくらい離れているのか知っておくことが重要です。

スバルXVはAWDで前輪駆動であるため、FFに比べると燃費が低いイメージがあります。
また1.6Lと2.0Lの二つのタイプがあるため、排気量による燃費の違いも心配の一つです。
しかしカタログ燃費的にはJC08モードで、16kmほどの数値を出しておりこのサイズの車種であれば燃費性能は悪いとは言えません。
スバルXVの実燃費は、下道では10kmほどで高速道路では15kmほどが平均的な燃費になります。
当然交通状況にも左右されるため渋滞だったり信号に引っかかりすぎれば、実燃費は下がっていくことになります。
スバル XV 実燃費を上げたいのであれば、郊外など信号や渋滞が少なく無理のない走行ができることが必要です。
踏み込みすぎたり急な減速をしていたりすると、燃費は下がるので気を付けましょう。

関連記事

    None Found